営業活動について

ホームページ制作の営業活動について

ホームページ制作というのはかつてに比べて特殊なスキルを必要とする技術的な仕事ではなくなりつつある傾向にあります。HTMLの知識が無くてもある程度のウェブサイトを自分で作ることができる市販ツールも非常に多く販売されるようになってきており、その技術レベルもかなり高いものになってきています。そのため従来のウェブサイト作成会社に数十万円という高い資金をかけてまで会社のウェブサイトを作らなくても良いと考える企業が多くなってきました。しかしながら現在でもホームページ制作を事業とするIT関連企業は精力的な営業を行い、新しい形でのホームページ制作を推奨することに力を注いでいるのです。

このホームページ制作の新しい形というのは、従来型のホームページ制作での問題に対して回答を提示する形で商品化が進んでいます。現在でも専門業者が作成するウェブサイトは素人が作るものとは一線を画す高いクオリティが健在です。しかしそれを作ってもらったと二気軽に更新するということが難しいのが問題だったのです。従来はホームページ制作が済めばその都度作成した会社に依頼しなければ微調整も出来ないのが当たり前であり、場合によってはそこで費用が必要となるケースもあったのです。そのため一度失敗したという思いを持ってしまった企業に対しては精力的な営業によって誤解を解く必要に迫られました。その結果生まれているのが近年のCMSと呼ばれるサービスなのです。

CMSというのはコンテンツマネジメントサービスの略称で、ウェブサイトのCMSの場合には自分自身で簡単にウェブサイトの更新が行えることを売りにしています。このCMSは長く問題になっていた技術を持たない人材が簡単にウェブサイトの更新が行えるようになるという画期的なものであり、現場のニーズに応えたものであるのです。しかしこのCMSは非常に高価なものであり、その仕組みを理解して導入に向かうためには営業をして知ってもらう必要が生じたのです。そのため最近ではCMSを取り扱うホームページ制作会社の営業スタッフが見導入と思われる会社を回って説明と紹介を行っているという活動が行われているのです。このCMSの導入には規模にもよりますが100万を超える金額が必要となります。そのためリースを組んで複数年契約をするのが一般的です。そのため従来型のホームページ制作に比べると、かなり大きな仕事となる傾向があります。