著作権の重要性

ホームページ制作に於ける著作権の重要性

最近、簡単に誰でもホームページ制作ができるようになり、個人が自由に情報発信できるようになりました。しかしそれにつれて著作権の問題が大きく取り上げられるようになっています。特に写真や音楽などに関する問題が非常にクローズアップされており、今まであまり意識していなかったような問題も多く発生しています。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。

ホームページ制作は、インターネットが普及し始めた頃は大手企業や、特定の個人が行っているのみで、高度な技術が必要でした。またホームページ制作を行う際には、ホームページ用のサーバーを自分で用意しなければならず、非常に費用が掛かるものであったため、制作を行うためには十分な準備が必要でした。その為、ホームページ制作に於いては専門のデザイナーが手掛けることが多く、そのデザイナーたちは著作権についても熟知していたために、あまり問題が起きなかった部分があります。

しかし、インターネットの普及によりレンタルサーバーやシェアコンテンツなどが普及し始めてくると、個人でそれほど知識がなくてもデータを貼り付ける様な感覚でホームページ制作が出来る様になり、インターネット上から取得した画像や音声を簡単に貼り付けられるようになりました。その為、著作権に関して知識のない人たちが簡単に自分のホームページに画像や音声を貼り付けていくようになり、大きな問題となっていったのです。

また、インターネットが普及したことにより、今まで購入して手に入れることしかできなかったものがインターネットで手に入れられるようになったこともこの問題を大きくした要因です。特に音楽については今までCDショップで購入するしかなかったものがネット配信で手に入るようになり、その音源を自分のホームページに掲載することで簡単に無償で手に入る環境ができてしまっていることにも大きな要因があります。
しかし、ホームページ制作を行い公開することは不特定多数に放送を行っているのと同じであるため、他人の著作物を承諾なしに掲載することは大きな著作権侵害です。また、ネットで配信されている画像や音楽はたとえ無償で掲載されているとしても著作者がその権利を明確に放棄していない限りは勝手に流用することは著作権の侵害になります。ホームページ制作を行う際にはこのことをしっかりと意識し、勝手に画像や音声を掲載しないように一人ひとりが意識をすることが非常に大切です。