経理処理について

ホームページ制作と経理処理について

ホームページ制作というのは現実的には非常に手間暇のかかる作業です。一般的な企業のトップページを作成し、関連する情報のページをいくつか作る作業を専門の業者に外注した場合、数十万の費用がかかるということも珍しくはありません。その様な金額になってくると経理処理の都合から社内の技術的な素養を持っているスタッフに作らせようという動きになることも珍しくありません。しかしどんなに知識が合ったとしても素人は素人です。どうしても完成品のクオリティは専門業者の作るものには及びませんし、慣れない作業であるということもあって非常に時間がかかることも珍しくありません。

そのためホームページ制作という作業は多少お金がかかっても専門の業者に委託した方が後々便利であると言われています。若干の費用をケチって内部制作にしてしまうことで様々な技術的問題や品質的な問題が出ることも少なくないのです。そのため得意としている業務でない以上は外注が正解であると言えるでしょう。

しかしながら外注する場合にはかなりの金額の支払いが必要になります。しかし数十万円程度であれば通常の支払いとして経理処理することもそれほど難しくはないでしょう。一般的なウェブサイトであればそれほど莫大な費用を支払うことなく完成させることが出来ます。しかしホームページ制作を外注した場合にいつも問題になる更新の問題に関しては特別なホームページ制作のあり方を選択しない限りは解決しません。一つは契約によってアフターフォローをどのように行うかを事前に明確に決めておくという契約の問題として解決を目指す方法と、もう一つは自力で更新可能なシステムの構築というソフトウェアの問題として解決を目指す方法の二つが考えられるでしょう。

前者のホームページ制作に関しては契約の締結について注意をしなければなりません。経理処理として完成後のアフターフォローをどうするかなどあらかじめ決めておかなければならないことが沢山ある状態になるのが現実です。この部分をあいまいなままにしてしまうと非常に大きな問題になりかねませんので注意が必要であると言えるでしょう。一方後者の様にソフトウェアの問題として考えた場合にCMSという仕組みの導入により、特別な知識が無くても自力で解決できるようになるシステムの導入が可能です。

しかしこのCMSという仕組みは非常に高価なものであり、数百万円に上ります。そのためリース契約などの経理処理が必要になうことも少なくありません。